保育所経営において保育士の採用は欠かせない要素!

優秀な保育士を採用するために働きやすい環境を作ろう!

保育所経営において保育士の採用は欠かせない要素!

保育園

保育士を確保するために

最近では、保育所経営を行っている企業があります。保育園の経営をする場合、当然、園児と保育士を集めることが必要です。園児の募集は、新規だとなかなか集まりにくいですが、インターネットを活用して企業の魅力をしっかりと伝える等をすれば、徐々に集まるでしょう。一方、保育士の採用については、保育士が働きやすい環境を構築することが大切です。福利厚生の充実や、保育士の指導をしっかりと行うようにしましょう。また、保育方針に共感して採用を希望する人もいますので、保育所経営ならではの特性を活かして、自由な発想で保育方針を考えましょう。優秀な保育士を採用するためにも、上述したように、保育士が働きやすい環境を構築することが大切です。

他のビジネスに比べて安定経営が望める

保育所経営は、在庫を抱える必要が無いので、園児を集めることができれば、安定した経営が望めると言えます。支出においては、地代・家賃・人件費のコストをメインに考えるので、資金繰りの要素がシンプルなのです。

社会貢献に繋がる

少子高齢化社会ですが、共働きの家庭やシングルマザーの増加により、保育所の需要は高まっています。そのような時代背景の中で、保育所経営を行うことは、社会貢献に繋がると言えます。待機児童の問題も顕在化しており、社会問題の解決への取り組みに参与することになるのです。

保育士が働きやすい環境BEST3!

no.1

理想的な保育方針

保育士によってそれぞれ違いますが、理想とする保育方針で働くことができれば、その環境は魅力的だと言えます。保育士一人一人と意見交換する機会を設けて、理想とする保育方針を反映させることで、保育士が働きやすい環境を構築することができます。

no.2

福利厚生が整っている

人件費の削減で残業を出さなかったり、労働拘束時間を長時間にしたりしていると、保育士にとって苦痛です。福利厚生を整備することで保育士がモチベーションを持続して働くことができます。以上の理由で第2位にランクインです。

no.3

人間関係が良い

第3位にランクインした理由は、職場内の人間関係が良好だと、保育士の能率やモチベーションを上げることができるからです。保育士同士のコミュニケーションを円滑化して、職場がギスギスしない政策を行いましょう。